ホーム > サーバー種類 > レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーはホームページやブログを開設する時に利用するものですが、どのような観点で選んでいるのでしょうか。

 

レンタルサーバーには幾つかの種類があり、それらを比較することが重要


もちろん、価格の比較も重要です。


04.jpgしかし、レンタルサーバーを利用する目的を明確にして、その目的に合ったサーバーを選ぶことが大切です。
サーバーの利用形態で比較すると共用サーバーと専用サーバーがあります。
つまり、一つのハードを複数の利用者で共用するか、一人の専用とするかと言うことです。
当然ながら、専用サーバーは高価ですが、他人のプログラムの影響を受けることがありませんから、安定した動作が期待できます。

自分がどのようなサービスを求めているかを明確にすることが大切

個人の場合はブログやホームページくらいでしょうか。個人経営のネットショップもあるかもしれません。 これらは標準的なサービスとなっています。

 

会社が業務として運用する場合には専用サーバーとした方がいいでしょうが、個人での利用は共用サーバーが一般的です。
ハード的には共用サーバーであっても、論理的に複数のサーバーに見せる技術があります。
それがVPSと呼ばれるサービスです。
これは一般の共用サーバーとは異なり、ユーザーから見ると専用サーバーに見えるのです。したがって、OSの入れ替えのような変更でも可能です。
提供されるサービスは業者によって異なります。もちろん、サーバーの種類によってもできる範囲が異なっています。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする